HUB

スター型LANで使われる集線装置。各機器に接続されたケーブルはいったんハブに接続され、ハブを介して相互に通信を行う。Ethernetではハブ同士を接続してネットワーク全体に接続できる機器の台数を増やすことができる。
これをカスケード接続と言う。カスケード接続では、ネットワークの端から端まで通常は3空段階程度までハブを接続することができる。