IPセントレックス(IP centrex)

通信事業者が提供する企業向けIP電話サービスの一種で、IP電話のサーバの保守・運用を請け負うアウトソーシングサービス。
一般的な企業の電話システムは、内線電話網と外線がPBX(構内交換機)と接続されて制御されている。内線通話や代理応答、保留、転送などの機能はPBXが行っている。
IPセントレックスでは、企業内の電話システムをIP電話に切り替えて通信事業者が提供するサーバに接続し、通話などを行う。内線の機能はこのサーバ(IP-PBX)が提供する。サーバは通信事業者の拠点に設置されており、そこまでの通信にはインターネット等で利用する一般的なデータ通信サービスを使う。PBXやそれに代わるIP電話サーバを社内に設置し、保守・運用する必要がないため、コストや人員を削減できる。既存の(LAN等)IPネットワークに相乗りできるため、内線電話の配線を敷設するコストもかからない。
拠点が全国に分散しているような場合は、従来の電話システムでは拠点間の通話は外線通話が一般的だったが、IPセントレックスでは離れた拠点同士も内線網に組み込むことができる。