インターネット電話

インターネットを利用した電話サービス。音声信号をデータに変換し、通信網の一部にインターネットを利用することにより、距離に関わらず低価格(または無料)で通話できる。
送話者・受話者ともに通常の電話を利用できるタイプのサービスと、パソコンから通常の電話にかけるタイプのもの、パソコン同士で音声通話を行うタイプなど、いくつかの種類がある。通常の電話のみで利用できるタイプは、まず決まったアクセスポイントに電話をかけてユーザー認証を行った後、かけたい相手の番号にダイヤルするという手順を踏む。
パソコンを利用するタイプは、マイクやヘッドホンと専用ソフト使ってインターネットに接続し、電話サービスを利用する。双方ともパソコンの場合は、音声通話だけでなく、ファイルの交換や文字メッセージの交換などの付加サービスが利用できる。
いずれの場合も、利用者が負担する電話料金は、「送話者からアクセスポイントまで」と「アクセスポイントから受話者まで」で済むため、ふぉ右方の近くにアクセスポイントがあれば、遠距離・国際通話でも料金を安く抑えられるメリットがある。インターネット電話は通常の電話に比べて音質が悪く会話中に途切れたり遅延が生じるなどの欠点があったが、通信回線の大容量化・高品質化や音声圧縮技術の進歩により、こうした欠点は目立たなくなりつつある。